影日向からオンエアー【YouTubeでゲーム実況しています】

YouTubeでゲーム実況をしています。生放送、録画動画を配信しています。

イラスト作成依頼サイトを検討・紹介する!依頼はカンタン!出来上がった絵に感動!

ども!ニャングロです^^

今回はイラスト作成依頼サイトをご紹介していきます。

 

【目次】

1.背景・事の発端

アイコンをチェンジして気分一新、新生ニャングロとなったわけですが、ユーチューバ―特にゲーム実況者の方のアイコンって、自分で描くか、ファンの方で絵が上手な方が描いてくれる場合が多いと思います。

 しかし、私は絵が下手。以前のYouTubeのチャンネルアート覚えてますか? あれは私の手書きです。もう下げてしまったので、今となってはある意味貴重かもしれません。

そして、絵を描いてくれる希望者が一年待っても現れない……。

 

私だって、かわいいアイコンが欲しい!!!

 

ってことでGoogle、アイコン イラストって調べた。(その時の検索ワードかどうかは不明) 一番最初にあったサイトで気に入ったイラストを見つけて、絵師さんへ依頼しました。善は急げ、迷っている時間がもったいありません。こういうのは勢いと直感が大事です。で、打ち合わせを重ねて出来上がったのが今の猫耳の女の子なわけです。

 

今回はすぐに気に入るイラストを見つけてトントン拍子にうまく行ったわけなのですが、実際にはほかにもイラスト作成依頼サイトが存在するわけですね。

 なので、今回はイラスト作成依頼サイトを調べます。イラスト作成の依頼を考えている方の参考になればと思います。

 

2.イラスト作成依頼サイトの紹介

 SKIMAさん 

skima.jp

 

絵柄の種類

 アニメやラノベ風のイラストが多め。YouTubeTwitterのアイコンにしやすいです。

価格

 アイコン2,000円~3,000円といった感じです。

利用者

 絵師さん(製作者)はさほど多くないように感じましたが、良質な絵を描いてくれる方が多いような気がします。

コメント 

こちらのサイトは私が依頼したところです。

 

 

 ココナラさん

coconala.com

 

絵柄の種類

 似顔絵や日常で使用できそうなイラストからアニメっぽいものまで豊富にある。

価格

 サイトでは500円~となっている。安くてかわいいアイコンが見つかる。安いけど、ポーズ、アイテム等でオプション追加という形をとっている方もいた。

利用者

 イラスト以外の依頼も扱っているため、利用者は多い。

コメント

 価格のところにも書いたけれど、安くてかわいいアイコンがある!Twitter等のアイコン以外にもビジネスで使用できる絵や結婚式に似顔絵を描いてくれる人も多い。最初にこのサイトに行きついたら、ここにしていたと思う。サイトのデザインは個人的には好みではないw

 

 私が気になったサイトは上記二つでした。どちらも手軽に申し込みが可能なサイトですね。他にもサイトはイラストレーターのプロが集うサイトがありますね。こちらは依頼金額が高額となります。手軽さが欠けると思い、今回の紹介からは省きました。しかし、高額なほうが後々、いま使用しているキャラを独占できるメリットがあるかもしれません。こちらは絵師さんとの交渉や契約によるものなので一概になんとも言えないです。

 

もし、ほかにも良いサイトがあるよ、って場合はコメントで教えていただけると幸いです。

3.仕事の依頼の仕方(SKIMAの場合)

 今回は初めての絵師さんとのやり取りで分からないことだらけでした。仕事を依頼する手順を書いておきます。

 絵師さんへ連絡を取る

 まず、サイトに登録してメッセージを送りましょう。気になったイラスト、好きなタッチのイラスト、イメージに合うイラストを描かれている絵師さんへメッセージを送ります。

 最初から仕事を依頼しても、相手がメッセージに気が付かない場合があったり、ほかの依頼で手がいっぱいな場合もあって引き受けられないことも考えられますね。

 要望・価格の確認

 どんな絵がいいのか具体的な要望を伝えます。見た目、性別、髪形、髪色、服装、ポーズ等々。自分で描いたイメージ図(棒人間でもいい)や写真があればそちらでも良いと思います。アニメや漫画類は著作権の関係で全く同じ衣装というのは難しいと思います。似た感じなら可能かも知れません。イメージは伝えやすいですね。

 そして、背景の有無(簡単なものなら、無料だったりするようです)や画像サイズ。サイズがわからない場合は何に使うのか(例:Twitterのアイコンがいい、ヘッダーがいいなど)なお、私はヘッダーを依頼するときにアタフタしました。YouTubeのチャンネルアートのサイズは特殊で、サイズからはみ出るというアクシデントに合いました。YouTubeのチャンネルアートサイズは2560×1440ピクセル以上とかなり大きめサイズでした。わからない場合は絵師さんへ相談しましょう。

 価格について、絵のサイズ次第で価格が変わる場合があります。だいたいはサイトで選ぶときに価格が設定してありますので、そちらと変わらないと思います。(例:アイコン描きます 3,000円)

 ラフ(構図)の確認

 こちらの要望を伝えると絵師さんがラフ(構図がわかるもの)を送ってくれます。簡単なスケッチかと思えば、完成品と変わらないくらいのきちんとしたラフでした(こちらは絵師さんの個人差があります)ラフを確認して、修正をお願いしたい部分があれば絵師さんへ伝えて、再びラフを描いてもらいます。完成後は変更できないと思い、ラフの段階で修正をお願いしてください。

 ちなみに私の修正依頼は胸を大きくして、でしたwあと、服装もチェンジしてもらったり、アイテム持たせてみたりとか。

 購入申請・納期の確認

 ラフの段階でOKが出れば、購入手続きに進みます。納期を設定します。あらかじめ、メッセージで何日で出来上がるのかを確認しておきます。

こちら側が購入申請を行うと、絵師さんが購入承認してくれて、支払い手続きに進みます。SKIMAの場合はクレジットカード払いやコンビニ払いが選べます。

 こちらの購入申請はラフを描く前に行われることもあるみたいですので、絵師さんに確認しましょう。

 イラスト完成

 ついに納品です!完成したイラストをダウンロードしましょう。絵を確認して、修正がないか確認をしましょう。問題がなければ取引完了の手続きに進みます。

 

4.最後に

 お金のやり取りが発生しますので、仕事の依頼は慎重に進めましょう。サイトを介しますので、ある程度は保証されるかもしれませんが常に連絡を取り合って、お互い良い関係を築くことが大切です。

 自分の要望はきちんと伝えましょう。相手も自分も困ります。とはいえ、依頼側のほうが素人ですので、初めて頼むこと、詳しくないことは事前に絵師さんへお伝えしておいた方がいいです。

 絵師さんも人間です。お客様は神様と思わず、誠心誠意を持ち、感謝の気持ちを忘れずに依頼しましょう。

 一見、高いように思えますがプロのイラストレーターにお願いすると0が一つ違います。イラストを頼む前まで、画像にお金払うの?ってちょっとアレだなって思っていたのですが、出来上がったものは最高にうれしかったです。誕生の瞬間っていうんですかね。感動しましたよ!